二珪化モリブデン(MoSi2)ヒーター

部品・材料

二珪化モリブデン(MoSi2)ヒーター

最高1800℃使用可能!電気炉用発熱体

概要

・二珪化モリブデン(MoSi2)ヒーターは大気中で最高1800℃までの使用が可能です。
・連続炉でもバッチ炉でも使用可能です。
・金属、電子、化学、窯業、開発試験など幅広い分野の電気炉にご使用頂いております。

用途・実績例

・各種金属の焼入、焼戻。冶金の焼結。セラミックコンデンサ等の焼成。
・ガラスの溶解、焼成、徐冷、液晶ガラスの熱処理。レンズの熱処理。石英原料の焼成。
・ファインセラミックスの製造。陶磁器の焼成、磁石の焼成。
・電池原料の焼成、蛍光塗料の焼成。
・脱脂炉、脱臭炉。ロウ付。
・研究、試験炉。

<分野>
・一般産業、自動車、電気、半導体、医療、ガラス、光学ガラス、鉄鋼、非鉄、リサイクル、研究

特長

・最高使用温度1800℃まで使用可能 ※約500℃~1800℃。
・高寿命かつ、繰り返し使用が可能です。
・取付取り外しが容易です。
・温度制御がし易く、反応が早い為、炉内の特定の箇所を均等に加熱することが出来ます。
・お客様の炉の仕様に合わせた設計が可能です。

仕様

・材料構成:二珪化モリブデン(MoSi2)

詳細

・ご希望の仕様に合わせてお見積りさせて頂きます。まずはお気軽にご相談下さい。

関連記事