SiCヒーター(炭化ケイ素発熱体)

部品・材料

SiCヒーター(炭化ケイ素発熱体)

600℃~1600℃に対応!電気炉用ヒーター

概要

SiCヒーターは、600~1600℃までの幅広い温度域に対応している電気炉用の発熱体です。
炭化ケイ素を主原料としており、金属ヒーターに比べて耐酸化性や耐熱性、耐食性に優れています。
また、単位面積あたりの発熱量が大きいことから短時間での昇温が可能です。
通常の棒状発熱体以外にも、片側端子のUタイプや高温域で使用可能なスパイラル品などのラインナップがあります。
炉内の雰囲気に耐えられるようにコーティング処理をすることも可能です。
発熱体の抵抗値や寸法(全長、径、発熱長)は、お客様の炉の仕様に合わせることが出来ます。

用途・実績例

・各種金属の焼入、焼戻。冶金の焼結。セラミックコンデンサ等の焼成。
・ガラスの溶解、焼成、徐冷、液晶ガラスの熱処理。レンズの熱処理。石英原料の焼成。
・ファインセラミックスの製造、陶磁器の焼成、磁石の焼成。
・電池原料の焼成、蛍光塗料の焼成。
・脱脂炉、脱臭炉。ロウ付。
・研究、試験炉。

<分野>
・一般産業、自動車、電気、半導体、医療、ガラス、光学ガラス、鉄鋼、非鉄、リサイクル、研究

特長

・600℃~1600℃の電気炉に対応しております。
・短時間での昇温が可能です。
・お客様の炉の仕様に合わせた設計が可能です(コーティングも可)。
・繰り返し使用が可能な為、高寿命です。
・金属、電子、化学、窯業、開発試験など幅広い分野の電気炉にご使用頂いております。

仕様

・材料構成:炭化珪素発熱体
・仕様:標準仕様もございますが、ご希望の仕様に設計することができます。

詳細

カタログダウンロード可能です。

関連記事