代表挨拶

21世紀に入り、情報技術はその発展の速度をさらに速めてきました。それに伴って経済活動の効率化も飛躍的に進み、次々と新しいビジネスが
創出されるようになりました。社会構造や産業構造もグローバル化され、抜本的な変革がなされつつあります。
そのような時代の中、私ども株式会社渡辺商行は、創業以来一貫して継続してきた「お客様ニーズ探求」に注力し、市場で常にユニークな位置を占め続けています。

1930年(昭和5年)に輸出入の専門商社として発足した弊社は、1941年(昭和16年)にグループ内で最初の製造子会社を設立。
戦前戦後の混乱期を経て、1950年代半ばからは理科医療用品の輸出入代理店を始めました。わが国の半導体産業発展に伴い、石英ガラスなどの電子工業用素材の国内販売に注力する一方、半導体プロセス製品の代理店となり、工業製品の専門商社として確固たる地位を築きました。

また、半導体業界に関連した製品を製造するために、1960年代半ばより順次国内に製造子会社を設立、石英加工品、シリコーンゴム成形品、
洗浄装置などの自社製品を製造販売し、米国にも販売・製造現地法人を設置しました。
これらの製造子会社は、株式会社渡辺商行が収集した市場情報と得意先ニーズをベースに、独自に培った技術力を集積して世界に通用する
高品質の製品を製造してまいりました。

現在は弊社独自の技術に各大学教授陣の専門知識を交えながら、次世代半導体開発のための研究に励んでいます。
その一方で、大切な地球環境を守るため、太陽光利用によるエネルギー資源の開発にも取り組んでおります。

今後とも株式会社渡辺商行を中核とするグループ各社は、CS(顧客満足)を基本理念に揚げ、新たな創造力を発揮して新商品の開発に努め、
常に業界の次なる発展に寄与することを目指しています。

代表取締役社長
楠原 一樹